近年、マッチングアプリを利用したバツイチ婚活が増えています。マッチングアプリはスマホで簡単に始められるため、忙しい人でも気軽に出会いを見つけることができます。

ですが、マッチングアプリが多すぎて「どのアプリを使えばいいかわからない」と悩んでいませんか?

詐欺やサクラなどの被害に会うのではないかと不安になり、なかなかマッチングアプリに登録できていないという方も多いです。

そこで今回は、おすすめのマッチングアプリや使い方、バツイチ婚活におすすめの理由などを紹介します。

バツイチにおすすめのマッチングアプリ3選


数あるマッチングアプリの中から、バツイチ婚活におすすめのアプリを厳選して3つ紹介します。

はっきり言って、どのアプリもそこまで大差はないので、上記以外のアプリでも全く問題ありません。ただし、会員数が極端に少ないアプリや詐欺アプリだけは絶対に使わないようにしてください。

それでは、順番にアプリの特徴を紹介します。

再婚に特化したマッチングアプリ「marrish(マリッシュ)」

marrish(マリッシュ)
バツイチ婚活に特化したアプリ。登録無料の今がチャンスの穴場スポット。


マリッシュ(marrish)は、数あるマッチングアプリの中でもバツイチ再婚に特化したアプリです。

バツイチや子持ちのシングルマザー・シングルファザー向けの優遇プランが充実しています。

登録無料なので、登録してアプリの雰囲気をチェックしてみてください。

名称マリッシュ
おすすめ度★★★★★
月額(男性)2,980円/月~
月額(女性)0円/月
特徴登録無料バツイチ特典

公式サイトはこちら

バツイチ会員も多数登録している「pairs(ペアーズ)」

pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道。会員数が多く、初心者におすすめ。


名称ペアーズ
おすすめ度★★★☆☆
月額(男性)3,480円/月~
月額(女性)0円/月~
特徴登録無料

ペアーズ(pairs)は、比較的若い世代に人気のマッチングアプリです。

バツイチプランなどはありませんが、会員数が多いのでアプリ初心者におすすめです。

口コミ体験談
・会員数が多くてCMもやっていたので、とりあえず登録した。
・バツイチの方も結構いらっしゃいます。
・離婚歴があるせいか、マッチングしずらい気がする。

まじめなバツイチがモテる「YYC(ワイワイシー)」

YYC(ワイワイシー)
まじめな人がモテるアプリ。会員数(=ライバル)が少ない今がチャンス。


名称ワイワイシー
おすすめ度★★★★☆
月額(男性)約3,500円/月
※YYCの料金体系はポイント制です。3,500円で、約100人分のプロフィール閲覧と約50通のメッセージを送信できます。
月額(女性)無料
特徴登録無料新規特典

この手のアプリとしてはめずらしく、YYC(ワイワイシー)ではまじめな人の好感度が高いです。

現実を知っている、地に足のついたバツイチがモテると噂のアプリです。

口コミ体験談
・ミクシィグループ運営なので安心かな。
・ポイント制なので、勝手に毎月課金されなくてよい(男性)
・ペアーズより人が少ない気がしますが、知り合いを見かけないので安心。

バツイチがマッチングアプリで婚活するコツ

マッチングアプリで婚活するバツイチ
バツイチでもマッチングアプリを使えば再婚しやすくなりますが、ただ登録すればいいものではありません。登録者の多くは同じ結婚や再婚を目指す人達ばかりですので、そのような人たちに先を越されてしまいます。

少しでも出会いが上手くいくためにはどうすればいいのでしょうか?

プロフィールを充実させる

大切なのはプロフィールを充実させることです。マッチングアプリはインターネット越しの出会いですので、相手の内情はほとんどわかりません。そのため、自分を知ってもらうためにプロフィールを充実させる必要があるのです。

特に、離婚歴や子供の記載は必ず行ってください。離婚歴や子供の記載がない方がマッチングしやすくなりますが、隠していると後で問題となってしまいます。

記載することでマッチングを望まないような人は、どうせ後で打ち明けたところで破局してしまいます。他にも、付き合うことでわかってしまうことばかりですので、個人情報の問題にならない限りは正直に記載した方がいいでしょう。

バツイチの異性にアプローチする

マッチングを成功させるためには異性を絞って検索することをおすすめします。幅広い条件から探しても構いませんが、それだと節操なしでマッチングが無かったり、逆に広すぎて相手が多すぎてしまうこともあります。また、望まない相手ともマッチングしやすくなってしまいますので、あまりおすすめできません。

まずは、同じ境遇であるバツイチの人を中心に検索するといいです。同じ境遇なため話しも合いやすく、バツイチへの理解もあります。

他にも望む条件を絞って検索することで、理想のパートナーを探しましょう。

結婚願望の強い異性にアプローチする

マッチングアプリは、結婚を意識した登録者が多いですが、必ずしも結婚を意識しているとは限りません。中には、恋人止まりやヤリ目的だったりと出会い系アプリと同じ使い方をしている人もいるのです。そのため、再婚相手を探す際は結婚願望の強い異性を探すといいでしょう。

ポイントはプロフィールの自由記入欄です。本気で結婚を意識している人は、結婚に対する意識について記載しているケースが多く、結婚を真剣に考えていることがわかります。結婚願望のある異性の方が、離婚歴も含めて真剣に考えてくれるといえるでしょう。

人によって考え方や感じ方が違うため絶対とはいえませんが、考え方や感じ方が近い方が後の結婚生活も円満になりやすいですので、自由記入欄を参考にするのもおすすめです。

バツイチの再婚事情


ここからは、「マッチングアプリを登録しようかまだ悩んでいる」という方に向けて、バツイチの再婚事情やバツイチ婚活でよくある悩みについて解説していきます。

バツイチ再婚に不安はつきもの

バツイチでも再婚を望む人は大勢います。離婚者は30代が多く、まだ先があると考えれば新たな出会いを求めるのも当然といえるでしょう。

ですが、必ず再婚が上手くいくとは限りません。一般的にバツイチはあまりよく思われておらず、それによって上手くいかなかったり、「恥ずかしい」「離婚が怖い」と奥手になってしまっています。

他にも、費用や時間などの悩みもあり、再婚は望んでいるけど「再婚するにはどうすればいいか?」わからない人も少なくないのです。

バツイチ婚活でよくある悩み

バツイチ婚活で悩む女性
では、実際にどのような悩みがあるのかを紹介します。人によっては他にもありますが、多くの人が共通している悩みだと思います。

悩みを理解して対処することが、バツイチ婚活の成功の秘訣です。

婚活する時間がない

バツイチは仕事が忙しく、婚活に割ける時間が少ない傾向にあります。

特に、30代以上の人は役職についていることも多く、責任ある立場により気軽に休みが取れないことも多いのではないでしょうか?また、慰謝料や親権問題など離婚の際に揉めていると、その対応に追われてしまうこともあります。

結婚相談所や婚活パーティーなどは出会いが少ないバツイチ婚活の強い味方ですが、お見合いやイベントの参加など、どれも時間が必要なものが多いです。

仕事などで忙しい社会人にとっては、それらに参加するための時間を作るのが難しく、結果としてバツイチ婚活が難しくなってしまうのです。

婚活に費用をあまりかけたくない

婚活には費用がかかります。結婚相談所なら登録料と月額、婚活パーティーなら参加費と交通費のように、本気で婚活をすると様々な出費が必要になるのです。

ですが、社会人であるバツイチは生活費を自分で支払わなければなりません。また、子供の養育費や慰謝料など、バツイチならではの出費もあるのです。もちろん、離婚していますのでそれらは自分一人で支払う必要があります。

貯金があったり高年収ならともかく、多くのバツイチは、それらを支払いながら、さらに婚活費用を捻出するのは負担といえるでしょう。
その結果、婚活にあまり費用がかけられず、婚活が上手くいかなくなってしまうのです。

マッチングアプリがバツイチ婚活におすすめの理由

マッチングアプリでバツイチ婚活する女性
時間や費用の悩みがあるバツイチにはマッチングアプリがおすすめです。その理由を紹介します。

「今すぐ」始められる

マッチングアプリの特徴として、今すぐ婚活を始められるところにあります。

マッチングアプリとは、インターネットを通じた婚活アプリのことで、アプリを起動することですぐに使用することができます。

プロフィールなどを設定する必要はありますが、基本はアプリをインストールすれば、自宅や外出先などを問わず、すぐに婚活を始められるのです。仕事で忙しいバツイチでも、空いた時間に婚活をすることができます。

もちろん、そのような気軽に利用できるアプリであっても、管理はしっかりしています。電話番号登録や本金確認のための身分証の提出など、しっかりと安全対策されているのです。

インターネット越しとはいえ、プロフィール情報や写メが掲載されている場合が多いですので、自分に合う相手にメッセージを送ることができます。

結婚相談所や婚活パーティーよりも格安

マッチングアプリの多くは、結婚相談所や婚活パーティーよりも格安に利用することができます。マッチングアプリによって違いはありますが、基本は「入会金0円」「男性月額3000円~」「女性月額0円~」の場合が多く、誰でも利用しやすい金額となっています。

もちろん、マッチングが有利になるための課金要素や、出会いランクを上げるためにワンランク上の月額を払うなど、基本料金よりも出費がかさむ場合もあります。

ですが、お見合いや婚活パーティのたびに交通費や化粧代などを出費していると考えれば、それでも十分安いといえるのではないでしょうか?
男性はともかく、女性の出費はほとんど無いといえるでしょう。

バツイチ婚活の料金比較表

婚活方法料金目安
(男性)
料金目安
(女性)
結婚相談所130,000円~130,000円~
婚活パーティー4,000円~1,000円~
マッチングアプリ3,000円~0円~
上記表の注意事項
※1.上記表は、目安金額です。詳細な料金については、表中のリンクをタップして、婚活方法の個別紹介記事を読んでください。
※2.結婚相談所の料金は、「初期費用+初月会費」の目安です。別途、継続時の月会費やお見合い料、成婚料などが発生する相談所があります。
※3.婚活パーティーの料金は、パーティー参加1回あたりの目安です。
※4.マッチングアプリの料金は、1か月あたりの利用料の目安です。

最短1か月でもOK!いつでも退会できる

マッチングアプリは数多くありますので、中には自分に合わないマッチングアプリも存在します。時間や出費が気になるバツイチにとって、合わないマッチングアプリに費やすのは無駄といえるのではないでしょうか?

ですが、マッチングアプリは最短1か月から始められるアプリがほとんどで、自分に合わなければすぐに退会することができます。

「無駄」と感じたらすぐに切り替えられますので、登録に悩む必要なく、気軽に登録することができます。なんでしたら、複数同時に登録して自分に合うマッチングアプリだけを残すのもいいかもしれません。

もちろん、自分に合うと思えば使い続けることもできますので、いろいろなマッチングアプリを試してみてください。

ただし、半年プランなど、プランによってはすぐに退会できないものもあります。初めて利用する際は、1か月プランなど、もっとも短いプランで様子を見ることをおすすめします。

離婚歴を知ってもらった上で婚活できる

マッチングアプリのプロフィール項目には「結婚」について記載することができます。そのため、アプローチしてくる人は離婚歴について納得している人がほとんどになります。

人によっては、「嫌われるのでは」と思って離婚歴を打ち明けるのに勇気がいる人もいるのではないでしょう?

ですが、マッチングアプリなら自分で話さずに、相手にバツイチであることを伝えられるのです。他にも、子供の有無や、現在の状況なら、自分で話しにくいことも記載することができるのです。

バツイチNGなどの人はアプローチしてきませんので、バツイチだからといって失敗することもないでしょう。

マッチングアプリと婚活サイトの違い

基本的に、マッチングアプリと婚活サイトは、ほとんど違いがありません。

大まかに分類すると、スマホアプリが流行する前から提供されているサービスが「婚活サイト」で、スマホアプリが流行してからサービス開始したものが「マッチングアプリ」と呼ばれています。

マッチングアプリと婚活サイトの違い

国内のマッチングアプリ大手である「ペアーズ」や「Omiai」のサービス開始が2012年なので、この前後で呼び方が変わったと思ってよいでしょう。

元々婚活サイトだったが、時代の流れに沿ってアプリ版をリリースした婚活サイトもあります。逆に、パソコンなどから利用可能なWEB版のあるマッチングアプリもあります。両者の定義は曖昧であるし、そこまで気にする必要はありません。

まとめ

マッチングアプリは出会い系アプリと混同しやすく、それゆえ、マッチングアプリを避けている人も少なくありません。ですが、実際の登録者には結婚を望む人も多く、結婚相談所や婚活パーティーと同じように、再婚を目指すことができるのです。

あくまでも再婚の方法の一つで、マッチングアプリだけに固執する必要はありませんが、気軽に始められるマッチングアプリを試してみてはどうでしょうか?